それで全力?

早稲田大学3年のたけしのブログ。早稲田に現役合格した体験に基づく勉強法や、大学生に役立つファッションなど様々な情報をお届け。

MENU

住宅ローンに縛られて固定化された人生なんか僕は絶対に嫌だ。

記事を書いた人:たけし あとで読む
f:id:takeshsoudaiseinet:20171117150457j:plain

 

お金の勉強をしようと思った人なら誰でも知っているであろう「インベスターZ」。

 

主人公の中学生・財前孝史が学校で秘密裏に活動している投資部に入り学校の資産運用をしていくというもの。

 

株式投資だけでなく外国為替(FX)、ベンチャー企業、就活、などなど世の中のお金の動きがわかるようになっています、

 

実在の人物も登場しているし(ホリエモンでおなじみ堀江貴文さんなど)巻末には投資家や起業家・経営者のインタビューも載っているので読みやすくてためになる最強のお金の勉強本。

 

そこでの不動産についての話にあまりに共感したので共有したいと思います。

 

何十年後がどうなっているかわからないのに、何十年も住宅ローンを払い続ける人生なんて僕は絶対に嫌だ。

 

 

 

 

 日本人の一戸建て神話

 

「一国一城の主」「男は家を建ててなんぼ」

日本人にはこのような考えが常識になっています。

 

かく言う僕も将来は自分の家を建てたいなぁなんて漠然と思っていました。

戦国時代では自分の城を築くことは武士にとって名誉なことでもあるように社会的ステータスにもつながりますし。

 

住宅ローンには抵抗がない

 

ただここで冷静になってみると家建てるのって馬鹿みたいに高いんですよね。

都内でアクセスがいいところだと普通に一億近くします。

 

普段はお金をケチるような人でも、家となると借金してでもいい家に住もうとするなんてザラなことでしょう。

 

「一国一城の主」に憧れてか、社会的ステータスのためか、「住宅」の前ではお金を惜しみげなく使おうとする。

 

実際に僕の父も無駄遣いは全然しなかったりとかなり堅実なお金の使い方してるけど、家は住宅ローン組んで毎月返済してます。

 

 

企業からしたら最高のビジネスモデル

 

しかし、「一国一城の主」神話は銀行や政府が作り出したまさしく神話にすぎない。

銀行・不動産会社からしたら一件契約するだけで今後何十年も定期的にお金が入ってくる。

 

しかも住宅ローンと切り離せないのが金利。

一括現金で家を買う人なんてそういないからいくらか頭金を払って、残りは銀行から借りたりして返済していくわけですがここで金利が発生する。

これが合わさると実質の家の値段に比べてかなりの額になります。

 

ビジネスモデルとしては住宅ローンは最高だけど顧客視点からするとかなり搾取されてます。

 

インベスターZでもこのことが痛烈に批判されてます。

 

「常識という餌を巻けば大衆はわんさか食いついてくる。食いついた魚は片っ端から釣り上げられ商売の材料に使われるのさ」

インベスターZ 14巻より

 

 

 

 技術革新が著しい今、神話は崩壊した

 

かつての終身雇用・年功序列が保証されていた時代ならば神話は現実味がありました。

大企業に勤めていれば一生安泰。

長く勤めれば勤めるほど給料は上がっていくからローンも返せる。

 

しかし、技術革新によりこの神話は完全に崩壊したと言っていいでしょう。

AIの圧倒的進歩により多くの仕事が人間がやる必要がなくなってきています。

メガバンクも着々と規模縮小して人員削減してますしね。

 

インターネットによりインフルエンサーが活躍する個人の時代がまさに到来してる。 「就職したら一生安泰」は幻想でしかない。

今ある会社が10年後、20年後果たしていくつ残ってるか。

 

  

住宅ローンを組んだ時点で自分の人生のレールが決まる

 

そんな今までよりも不確定な未来なのに何十年もローン払い続けることはもはやリスクでしかない。

 

会社が倒産してもローンは残る。給料は今までよりもらえないかもしれないけどローンは払い続けなければならない。

「転職しよう」と思っても今より待遇・給料がいい保証なんてないから怖くて結局できない・・・

 

批判を恐れずに言えばローンを組むことは人生の固定化と同義だと思います。

 

 

どうなっても返し続けなければならない。

 

僕はそんな人生絶対に嫌だ。

 

賃貸×投資が最強か?

 

賃貸でも十分幸せに暮らせると思うんですよね。

そもそも日本は借家が当たり前だった。

 城下町だって城主の土地を借りてた借家の一種。

それでも城下の人々は幸せに暮らしていた。

(まあ借家だから一国一城に憧れてたわけですが・・・このことはインベスターZ14巻に詳しく書いてあります。)

 

確かにローンと比べれば、割高ではある。

でも自分の裁量で入退居できますし。

 

人口減も相まって土地の資産価値はますます減少するので家の資産としての価値も減って行く。

まして何十年もローンを返済した後の家なんて全然売れないでしょう。

 

賃貸で家を借りてそのぶん浮いたお金を預金ではなく少しづつ投資していくほうが長期的に見て安定すると思います。

 

個人で成長していく時代だからこそお金の勉強を

 

 僕自身インベスターZを読むまでは

 

家ほちい。一国一城の主になるんや。

 

とか思ってました。

 

でも情報を自分で掴み、考えなければ確実に損をする。

今まで住宅ローンの危険性なんて考えたことなかったです。

 

インターメットが発展した今、情報に接続し調べる力・ITリテラシーは必須スキル。

 

お金の勉強はめちゃくちゃだ大事なのに学校じゃ教えてくれない。

中学高校大学と誰も教えてくれなかった。

(政府・大企業からしたら国民が無知な方が情報操作・搾取しやすいですからね・・・)

 

人から情報が与えられるのを待つのではなく、自ら情報を得て成長していく力が必要になります。