それで全力?

早稲田大学3年のたけしのブログ。早稲田に現役合格した体験に基づく勉強法や、大学生に役立つファッションなど様々な情報をお届け。

MENU

塾講師って実際どうなのよ?二年間やってきたぼくが実態を語る 

記事を書いた人:たけし あとで読む

f:id:takeshsoudaiseinet:20170903164608j:plain

 

どうも、たけし(@takeshiwaseda) です。 

 

大学生でバイトをしていない人はほぼいないんじゃないでしょうか?

 

僕は塾講師とカフェとかなり忙しい毎日です。

 

バイトをするときみんな気にするのが時給。

 

塾講師は時給が高いと思う人が多いけど、その反面時間外労働が多い、固定シフトなどのネガティブなところも。

 

今回は二年間塾講師を続けているぼくが塾講師の実態を語ります。

(あくまでぼくが勤めているところの話なので塾講師全体に当てはまるわけではありません。)

 

塾講師の実態 その1 時給は高いし、手当もつく

 

 持つ授業にもよるけど、時給自体はとても高いです。

 

最低の個別授業が1200円とか。

 

グループ授業で人数が多いと2100円で、少ないと1600円。

 

その他に、授業準備や終わったあとの事務作業の分として手当がつきます。

 

一日二コマとか持つと600〜700円ぐらいもらえますね。

 

塾講師の実態 その2 時間外労働はそんなにない

 

上にも書いた通り事務作業には手当がつくので、サービス残業はほぼないですね。

 

授業終わってすぐ帰れるし。

 

ただグループ授業だと授業準備をしないといけません。

 

板書案考えたり、宿題の割り振り、問題解いて解説考えるなど。

 

僕はその作業が好きなので苦にはならないですけど、嫌な人は嫌かも。

 

 塾講師の実態 その3 教えるのに学歴は関係ない

 

「塾講師って頭良くないとできないんじゃないの?」ってよくきかれるんですけどお答えしましょう。

 

全く関係ないです。

 

もちろん頭いいに越したことはないんですけど、それよりも子供が好きだったり、教えるのが好きな人の方が適任です。

 

女子大で僕より教えるのめっちゃうまい先生とかもいますし。

 

ただ、知らないことが多いと生徒になめられてしまうので知識とかに自信がない人はある程度勉強しないとかも。

 

塾講師の実態 その4 飲食店よりもやりがいがある

 

飲食店ではマニュアル通りの仕事を要求されるわけですが、塾講師は真逆。

 

いかに生徒と仲良くなるか、いかに面白く教えるか。

 

この考えたりするのが楽しい。

 

だから飲食の1時間は割と長いけど、塾の1時間はあっという間。

 

生徒と仲良くなっちゃえばこっちのもんですよ。

 

塾講師の実態 その5 固定シフトは辛い

 

塾は半期ごとでスケジュールを組むので、一回曜日を決めたら基本変えられない。

 

だから突然の誘いとかいけないんですよね。

 

コロコロ変わると生徒が混乱しちゃうから代講も基本はダメですし。

 

本当にやばい時、例えば試験期間とか就活ならしょうがない。

 

 興味があるならやってみよう

 

飲食店などよりは圧倒的に時給は高いですし、生徒と話したりるのはめっちゃ楽しいです。

 

その分、生徒の勉強を担う分責任は大きいです。

 

でもそれはやりがいが大きいのと一緒。

 

生徒が合格したりすると、やっててよかったって思える。

 

少しでも塾講師に興味があればまず応募しちゃいましょう。