それで全力?

早稲田大学3年のたけしのブログ。早稲田に現役合格した体験に基づく勉強法や、大学生に役立つファッションなど様々な情報をお届け。

早大生が選ぶ、大学生におすすめの本10冊

記事を書いた人:たけし あとで読む

 

f:id:takeshsoudaiseinet:20170428182717j:plain

 

早大生ブロガーのたけしです。

 

みなさん、本読んでますか?

 

「大学生になって自由な時間も増えて本でも読みたい」という人も多いと思いますが、

「何から読めばいいの・・・?」ていう人が多いはず。

ぼくもその一人でした。

 

今回は早大生のぼくが今まで読んだ中でぜひおすすめしたいものをまとめました。

 

大学生が読みやすい本を集めたので、まずはこれから読んでみてね!

 

 

 

大学生におすすめ本その1.「頭は「本の読み方」で磨かれる」

有名な脳科学者である茂木健一郎さんの著書。

この本は「なんで本読むのがいいことなの?」「どんな読み方をすればいいの?」「具体的にはどんな本がオススメなの?」という問いにわかりやすく答えてくれています。

 

おすすめ本がたくさん載っているので、何読むか決めるときはこれを指針にして決めることが多いです。

 

まずはこれを読んでほしい!!

 

大学生におすすめ本その2.「ゼロ」

 

 こちらも有名な「ホリエモン」でおなじみ堀江貴文さんの著書。

「人はなぜ働くのか?」ということについての考えが書かれています。

これを読んで、働くということに対してのイメージがガラッと変わりました。

 

就活を控えた三年生にはもちろん、大学生活の過ごし方を変えうる本なので、大学生はすぐ読むべき。

 

大学生におすすめ本その3.「金持ち父さん、貧乏父さん」

 

「ゼロ」は「働くこと」にフォーカスしたものですが、こちらは具体的なお金の仕組み、使い方に焦点を当てています。

 

これも読んで衝撃を受けました。

 

お金を使うときに、この本の影響で使い方が変わりました。 ブロガーとの親和性が高いので、ブロガーもすぐ読むべし!

 

大学生におすすめ本その4.「嫌われる勇気」

 

アドラー心理学に基づいた、対人関係の悩みをぶっ壊してくれる本。

「すべての悩みは対人関係である」といったアドラーの考えがきれいにまとめられています。

哲人と青年の対話調で書かれているので、「心理学とか哲学とか読みにくそう」という人でも安心。

 

大学生におすすめ本その5.「一生モノの超自己啓発」

大学受験が終って、ゴールがなくなってしまったぼくは、この本を読んで「夢がなくてもいいんだ」と前向きになれました。

「就活のため」という動機で何かアクションをする人が多いと思いますが、「そうじゃなくて、今の自分がやりたいことをやろうよ」と応援してくれる本。

 

ストックではなく、フローで生きるというのは大学生に刺さるはず。

 

大学生におすすめ本その6.「池上彰のお金の学校」

わかりやすいニュース解説でおなじみ、池上彰さんのお金に関する本。

高校、大学では教えてくれないお金の授業です。

金利や株式、FX、景気など様々なお金についてとてもわかりやすく書かれているので、 大学の授業じゃよくわかんないよ!という人にもおすすめ。

 

大学生におすすめ本その7.「人間失格」

 

太宰治の代表作。

自伝小説的側面もありますが、フィクションとして想像されたこの作品。

他人の前では道化としてふるまうものの、本当の自分を誰にもさらけ出せない男の人生をその男視点で描いている。

人間の”負”の部分を取り扱っている暗い作品ではありますが、読みやすい作品なので一度挑戦してみてください。

 

大学生におすすめ本その8.「聖の青春」

 

「怪童」と呼ばれたものの、夢半ばにして逝去してしまった天才棋士・村山聖の生涯を描いたノンフィクション小説。

松山ケンイチさん主演で映画化もされました。

 

大病を患いながらも、最後まで「名人」のタイトルを取るために足掻く姿に心打たれました。

 

大学生におすすめ本その9.「魔王」

 

中学生から僕が大好きな伊坂幸太郎さんの作品。

自分が念じたことを相手に話させることができる能力を得た会社員が、その能力を使い、一人の男に近づいていく、という話。

個人が社会、国家権力にどう対抗するのか、というテーマ自体は重いものの、話しに暗さはなく、とても読みやすい。 続編のモダンタイムスもおすすめ!

 

大学生におすすめ本その10.「ご冗談でしょう、ファインマンさん」

 

マンハッタン計画にも携わったノーベル賞受賞者、ファインマンの回顧録

理系の話も多くでてきますが、文系が読んでもわかりやすい上に、ファインマンがとてもユニークでいたづら好きな人なので、楽しく読めます。 理系思考がわかる一冊。

 

まとめ

 

個人的に読みやすい本を10冊まとめました。

 

何から読めばわからないというひとはまずはここから読んでみてください!

 

それでは!