読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それで全力?

早稲田大学3年のたけしのブログ。早稲田に現役合格した体験に基づく勉強法や、大学生に役立つファッションなど様々な情報をお届け。

悩める受験生へ!!早稲田に現役合格したぼくが受験相談にのるよ!!

記事を書いた人:たけし あとで読む

f:id:takeshsoudaiseinet:20170425001854j:plain

 

最近はすっかり乃木坂ブロガーに成り果てた早大生ブロガーのたけしです。

 

今回は久々に勉強系記事!

 

現役で早稲田に合格した早大生の僕が受験生の勉強相談に乗るよ!!

 

 

なんでこのサービスを始めたの?

大学に入ってからずっと塾講師のバイトをしているんですけど、もともとは受験生をサポートするナビゲーターの仕事を通っていた塾でやりたかったんです。

 

けど、スケジュールの都合や塾側の人員の問題などで断念。

 

自分の受験体験が悩める受験生の役に立てばいいな、という思いと、もっといろんな人と繋がりたいという思いがずっとあったので、このサービスを始めようと思いました。

  

ぼくの受験結果

センター入試

  • 英語 179/ 200
  • 国語 139/150
  • 日本史 89/100

 

得点はこんな感じ。

本番で英語と日本史が9割行かなかったのが悔しいけど、国語で9割以上取れたので満足。

センター試験は夏までと直前しか対策しませんでしたが、うまくいきました。

基本的には私大対策で基本的なことは抑えられるので。

 

 

センター試験で合格したのは以下の通り。

うまくいけばMARCHまでとれるので、早慶志望の人はしっかりセンターでMARCHを抑えられるようにしましょう。

 

  • 立教大学 法学部
  • 法政大学 社会科学部
  • 明治学院大学 社会科学部
  • 専修大学 社会学部

 

 一般入試

  • 早稲田大学 社会科学部
  •  〃    教育学部
  • 上智大学  総合人間学部
  • 立教大学  経済学部  

に合格しました。 

私大で落ちたのは早稲田と慶応の商学部の2つ。

商学部には縁がなかったみたいです(笑)

 

早稲田に合格できた理由

効果的な勉強法

 「最初から勉強できたんでしょ?」とか言われることが多いんですけど、そんなことはないです。

初めてセンター試験受けたときは英語が99点、国語は100点ぐらい、早稲田の合格確率は20%以下で、塾の先生からも早稲田は無理でしょうとか言われてました。

 

そんなぼくが早稲田に合格できたのは、 やるべきことをやるべき方法でやったからだと思います。

受験は頭の良さよりも、どう勉強するかだと思う。

そして、効果的な勉強法は実際に受験を乗り切った人から教わるのが一番効果的。

 

「ナビゲーター」という存在

それに加えて、ナビゲーターという存在がとても大きかった。

塾側の人間だけど、塾の先生よりも近いフレンドリーな存在(ぼくの担当してくれた人が高校の先輩だったので特別フレンドリーだったのかも)だったので、受験勉強以外の雑談とかもできて息抜きにもなりました。

 

受験を実際に経験している人のため、模試での目標点数、勉強のスケジュールの決定もしてくれて、本当に助かりました。

 

学校の友人は同じようにみんな受験なので相談もしにくいし、なんでも話せる人がいる、というのは大きかった。

 

ぼくも受験生にとってそんな存在になりたいと思いました。

 

ぼくの受験生時代

詳しくは以下の記事に書いていますが、ほんとに早稲田合格のことしか考えていなかった。

早稲田に合格するには何が必要か?を考えて、それを満たすための計画を立てて勉強していました。

 

合わせて読みたい

【受験生へ】僕が早稲田に合格するためにしたこと

 

どんな相談なの?

 受験に関する相談であればなんでも受け付けております。

それだけじゃなくて、「受験の息抜きに早大生の話を聞きたい!」でも大丈夫です。

 

対象者は?

高校3年生の受験生はもちろん、受験を控えた高校1,2年生も、弟、妹、もしくは子供が受験近い、という方でもぜひ!

 

予め聞きたいこと、相談したいことを決めて連絡くださればしっかり考えてからお話できます!

 

値段設定について

受験生のお財布に優しいワンコイン、500円に設定しました。

交通費は別途かかりますが、渋谷だったら定期があるので、実質交通費は無料になります。

 

お金をとることの目的は、お金を稼ぎたいからではなく、この相談をちゃんとしたものにしたいため。

 

お金を出してくてた人は相談したいことを本気で考えてくれるだろうし、ぼく自信もお金をもらっている以上は責任を持って、全力で答えたいと思います。

 

申込みはこちらから

 

 

 

twitter→@takeshiwaseda

 

 メール→tkswsd91104@gmail.com

 

上記にても連絡、質問など受け付けておりますので、質問などありましたら上記までお願いします。

 

ぼくの体験が一人でも多くの受験生の役に立てばいいな、と思っています。

塾とかではなく、現役合格した早大生の話を聞ける機会はそうそうないと思うので、興味があったらぜひ購入してみてください!

 

お昼とかちょっと我慢するだけで早大生と話せるよ!!

 

それでは!