読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それで全力?

早稲田大学3年のたけしのブログ。早稲田に現役合格した体験に基づく勉強法や、大学生に役立つファッションなど様々な情報をお届け。

【欅坂46】だからあなたは”サイレントマジョリティ”なんだ

記事を書いた人:たけし あとで読む

f:id:takeshsoudaiseinet:20170212234138j:plain

 

どうも、乃木坂大好き早大生ブロガーのたけしです(@takeshiwaseda) 

 

 最初は乃木坂だけだったのですが、最近は欅坂にもハマりつつあります。軍曹こと守屋茜ちゃんに釣られたい毎日です。

 

 今回は大ヒットを記録した彼女たちのデビューシングル、サイレントマジョリティ(訳:語らない大衆)について。少女たちがあんなメッセージ性の強い曲を歌う、ということで話題にもなりました。「歌詞が好き」という人が多いと思いますが、あなたはサイレントマジョリティじゃないですか?

 

 

サイレントマジョリティの歌詞

 まずは論点となる歌詞を確認しましょう。

 歌詞はこちらのサイトに載っています↓

サイレントマジョリティー - 欅坂46 - 歌詞 : 歌ネット

 

 歌詞の随所に「サイレントマジョリティでいいのか」というメッセージがありますね。

 

 夢をみることは時に孤独にもなるよ

 誰もいない道を進むんだ

 この世界は群れていても始まらない

 NOといいなよ

 サイレントマジョリティ

 

 

 胸に突き刺さるような歌をデビューしたてのアイドルが歌うという話題性はもちろんですが、この曲がヒットした理由は、サイレントマジョリティに向けられているから。

 詳しく見ていきましょう。

 

 

歌詞が好きなのにサイレントマジョリティ、という矛盾

 

 「歌詞が好き」、とか「かっこいい」とか思っている人の大半が歌詞通りのサイレントマジョリティだと思います。(ここでの「サイレント」は語らないという意味だけではなく、「行動しない」と解釈)

 僕自身がブロガーという少数派になって、多数派の多さにびっくりしました。最初の頃はめっちゃ笑われましたね。なんで笑うのか全く意味が分からなくてサークル行くのを一時期辞めました(笑) 最近は僕の本気をわかってくれたのか、応援してくれる人も増えてきてくれてうれしい限りです。

 ヒットの理由は、サイレントマジョリティにとって、「この歌を好きになれば、そこから少し離れられる」と思わせられるからだと考えました。

 「このままじゃだめだ」と思っているのに、踏み出すのが怖いから、少数派を笑う。

 でも、この歌詞を好きだ、と思ったり言っていれば、「自分はサイレントマジョリティではない」と思える。要は簡単に逃げれる場所になっているわけ。

 

 

 だから根本は変わらない

 「歌詞が好き」というわりに少数派を笑うのは、「自分は流される大衆じゃないから」、と表面的なところで思っているにすぎないから。だから根本的なところは変わりません。いつまでもサイレントマジョリティでいいんですか?

  

 ノイジーマイノリティになるには

  この歌詞が胸に響いた、ということは現状に満足していないということ。

 多数派から少数派になるのはとても勇気がいることです。僕はブログ楽しそうだな、と思い始めてから、始めるまでに一年以上かかってしまいました。周囲の目を気にしてしまって。今からすればくだらないことで悩んでいましたが、最初の一歩はこわいもの。

  まずは少数派を笑わない、否定しないことから始めてみましょう。笑わず、その行動、意見をしっかり考えていけば笑う、ということはなくなるはず。ゆくゆくはマイノリティを応援してあげてください。

 絵本のクラウドファンディングで炎上した西野さんがわかりやすい例。彼は炎上キャラのためか煽り口調が多くアンチが多いですが、その論理を考えればとても理にかなった選択をしています。 

 しかし誰もやろうとしないので、超少数派というだけで批判される。考えればわかるのになーとネットニュースやツイッターを見ていつも思います。

  

 

 まとめ

 サイレントマジョリティの歌詞がすきだと思う方、あなたは”口だけサイレントマジョリティ”ではないですか?

 少しでも歌詞が響いたならまずは周りにいる少数派を応援してあげましょう。それだけでもマイノリティに大きく近づきます。

 いずれはマイノリティから”ノイジーマジョリティ”になって、個人がもっと自分を出せる社会になってほしいと願うばかりです。

 

 それでは!