それで全力?

早稲田大学3年のたけしのブログ。早稲田に現役合格した体験に基づく勉強法や、大学生に役立つファッションなど様々な情報をお届け。

MENU

僕がブロガーになった理由

記事を書いた人:たけし あとで読む

どうも、早大生ブロガーのたけしです。 

 

今日は僕の詳しいプロフィールとブログを始めた理由、

これから書いていきたい記事などを書いていきます。

 

 

f:id:takeshsoudaiseinet:20161104213053j:plain

 

 

簡単な来歴

 

宮城県仙台市生まれ。親の仕事の都合で転勤を繰り返してきましたが、

小学校四年からはずっと神奈川県川崎市に住んでいます。

川崎の中学を卒業後、県立の高校に進学し、現在早稲田大学2年生です。

中学でソフトテニス、高校からバドミントンを始め、今もサークルで続けています。

バイトは塾講師とカフェのダブルワーカー。

 

 

僕の中の黒歴史、中学時代

中学生になるちょっと前ぐらいから、急に目が悪くなり、

度がきつくてかけると目が小さくなるような眼鏡をかけてました。(笑)

加えて服とか格好も気にせず、寝癖で登校したり・・・

小学校から塾に通わせてもらっていたおかげで勉強はそこそこできたので、

眼鏡のちょっと勉強できるキャラでクラスでも目立つ感じではありませんでした。

 

部活と受験の高校時代

こつこつ勉強はしていたので、志望校の県立高校に入学。

でも、入る時の偏差値は高いけど、出る時は激落ちで浪人多発、で有名な高校でした。

部活と行事が盛んな高校だったので、一年中イベントあり、部活も頑張りで

全然勉強はせず、「やればできるしwww」とか言ってやらない、典型的な

パターンでした。(笑)

 

部活の引退、そして受験

なんやかんやで部活も引退、いよいよ受験が迫ってくる三年生になりました。

僕は運動は好きだけどそんなに得意ではない、というタイプだったので、

練習は真面目にやってきたけれど、レギュラーには入れませんでした。

ふとここで思います。

 

 「部活ではレギュラーになれず、普通の大学行ったら俺の高校生活は

  なんのためにあったんだ・・・・・?」  

 

もちろん学校生活は好きでしたし、部活の仲間と汗をかいて、一緒に

帰ったりと、楽しいことはたくさんありました。でも、それだけでは

だめだと思ったんですね。 僕は自分に自信が全然なくて誰かに認めて

もらいたい、という自己欲求が強い人間です。 なので、

 

  「部活はレギュラー外、大学も普通だったらやばい・・・!」

 

と不安になったんです。なので、三年の春には絶対受からない、と

言われていた早稲田を目指しました。結果は無事合格。いろんな意味で安心でした。

 

早稲田入学後

 居場所ができて安心していた僕はサークルにバイトという世間一般が持つ

典型的な文系大学生でした。ここでも高校と同じく「ゆーて早稲田だしやればできるっしょwww」とか思ってました。頭悪いですね(笑)

 バドミントンサークルなので、なんだかんだバドミントンの強さが、

目立つ要因だったりします。そんなに強くもなく、自分に自信がない僕は

自分からガンガン話しかけたりすることができなくて、でもそこから

離れるのも怖くて、周りに流されるままサークルばっかり行ってました。

 

仁平さんとの出会い

f:id:takeshsoudaiseinet:20161104213010j:plain

 

そんなサークルですが、なんと今では有名なプロブロガー、八木仁平さんがいました。

インターハイ出場経験もある仁平さんは弱い僕にもバドを教えてくれ、

それ以外にも僕の悩みも親身になって聞いてくれて、本当にいい先輩でした。 

 仁平さんのやぎろぐを読んで、

 

「自分に自信を持ちたい、バイトとサークルだけの普通の大学生活から脱したい」

 

と思って、遂にブログを始めました。でも、サークルの人からの過度ないじりなどが

怖くて、サークルの人には言ってません(笑) もう少し続けて、稼いで、自信がついたら言おうと思います。

 もし見つけても温かい目で見守っていてください。(笑)

 

このブログのこれから

今後は早稲田に入れた経験を生かしての受験生にむけての勉強法などや、

早大生にむけて早稲田周辺のお店のレビューや、

自分のすきなファッション、考えたことなど様々なジャンルで書いていきます!

11月の目標記事数は10以上! 

バイトもあってなかなか忙しいけどがんばるぞー!!

 

終わりに

つらつら書いていたらずいぶんと長くなってしまいました。

読んでくださってありがとうございます! これヵらも更新していくので

よろしくお願いします! それでは!